修学旅行中の私の誕生日

ずっと前のことになりますが、私が高校生の時の修学旅行の一番の思い出は、同じクラスの仲の良い友達数人が私のバースデーパーティーを開いてくれたことでした。奈良と京都への3泊4日の修学旅行中に私の誕生日がありました。誕生日当日、その日の日中のスケジュールを終えて宿に戻り楽しかったことをいろいろと皆で話していた時、友達の1人が突然私の為にバースデーソングを歌い始めました。続いて他の友人達も歌い始め、普段あまり話さない同級生達も一緒に歌ってお祝いしてくれました。皆の気持ちと笑顔にとても幸せな気持ちになりました。驚いたことにどこからか1人の友人が大きなバースデーケーキとナイフを持ってきて、私と友人1人が一緒にナイフを持って結婚式のようにケーキ入刀をしました。そのバースデーケーキは友人達がはるばる地元から持ってきてくれたとのことで、面倒な思いをしながらケーキを持ってきてくれた友人達には心から感謝しました。当時はバスと列車の長旅で、青森から京都までケーキが潰れないように気を付けながらで大変だったと思います。残念ながら、3泊4日の修学旅行は殆ど雨でした。清水寺や京都のお寺をいくつかまわった時も雨で傘を差しながらにもかかわらず制服のスカートもびしょ濡れになって大変だったのですが、私は誕生日を皆がお祝いしてもらったことがとても嬉しくて雨の憂鬱さも全く気にせずに過ごせました。誕生日の夜は友人達と遅くまで話していたので次の日の観光バスの中ではとても眠く、バスガイドさんの穏やかでゆっくりした口調の京都弁が耳にとても心地よく響き、バスの中からの見物は眠気と闘いながらだったことも思い出の1つとなっています。友人達の気持ちがとても有難く、雨にもかかわらず最高の修学旅行になったと思っています。少し崩れていましたが、バースデーケーキはとても美味しかったです。
レッグミラクル|モデルも愛飲中の美脚にするサプリ

香水について

香りの強いハンドクリームが人気になってから使っているクリームと同じショップの香水に挑戦する人も多いですよね。そこで多くの人が気が付いたのがオードトワレとかパルファムとかっていう名称。香水のパッケージに書かれているのを目にして疑問に思った人もきっと多いはず。今までは好きなブランドの決まった香水を選ぶだけだった時代から様々な用途から発信されている香水の数々。よく見ず気が付かず手にしていたものも多かったと思います。実は香水ってパルファム・オードパルファム・オードトワレ・オーデコロンと4種類もあるんです。それぞれ濃度も異なり香る時間も違ってきます。もちろん濃度が高いほうが香水のお値段も高いです。先に書いたほうから濃度が高くよく聞きなれているオーデコロンは香水というより一時的に使うためのものと考えたほうが良いです。日本ではこの香水の種類の分別はありません。すべてまとめて香水という枠に入っていますが違いや香る時間も頭に入れて使い分ける事が出来ればとても便利なものです。外国製の香水ラベルに書かれている種類を見て濃度が高いかどうか、どういった場面で使いたいかを考えて買えばさらに楽しく香水を活用出来ます。購入する際は是非香水の種類を思い出しながら考えてみてください。